有料会員限定

「成長期待&お手頃購入」銘柄100 少額の小遣いで狙える

印刷
A
A
少額で購入できる成長期待株も多い(PIXTA)

特集「寅年相場は「虎視眈々」が吉」の他の記事を読む

年末のボーナスが予想より多かった。年始のあいさつで思わぬ臨時収入があった──。

年末年始は出費が多い反面、数万円単位のまとまったお金が手元に残るケースもある。それを株式投資に回すのも1つの選択肢かもしれない。年末でNISA(少額投資非課税制度)の限度額が残っており、その枠に合う、最低購入金額が低い銘柄を求めたい人もいるだろう。

そこで作成したのが、低い投資額で買える成長期待銘柄のランキングだ。条件は時価総額が100億円以上で、来期予想営業増益率が10%以上、つまり2桁増益が期待される企業群だ。最低購入金額の安い順に並べている。

V字回復が狙い目

トップは収益ビルやマンションの仕入れ販売を手がけるアルデプロ(8925)。2019年7月期まで赤字続きだったこともあり、株価は50円近辺で推移している。単位株は100株なので5000円弱で買える計算だ。配当は22年7月期、23年7月期とも1.5円の予想で利回りは3%だ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内