イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図 久々に姿を現した会見の場で口にした危機感

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4
拡大
縮小

300超のグループ企業を束ねる国内小売り最大手のイオン。消費環境が激変する中、流通の巨人はどう戦うのか。

2020年1月の社長交代会見以降、初めてメディアの前に姿を現した岡田会長。その場で何を語ったのか(記者撮影)

特集「イオンの現在地」の他の記事を読む

「売上高で5000億円を超えるスーパーは現在数えるほどしかない。コロナ後の対応と軌を一にして、(企業の)大型化が進むのでは」。9月1日に開かれた記者会見の場で、イオンの岡田元也会長は業界の展望を語った。

岡田会長が登場したのは、中四国でショッピングセンターを中心に展開するフジと、イオン子会社の食品スーパー・マックスバリュ(MV)西日本の統合合意に関する会見だ。イオンの吉田昭夫社長と出席した。

岡田会長がメディアの前に姿を現すのは、23年間務めた社長の座を譲ると発表した2020年1月以来。意に沿わない質問は無言でスルーするだけに、会見ではその発言が注目された。

各エリアで統合を推進

フジとMV西日本は共同持ち株会社の下、2022年3月に経営統合することで基本合意した。

イオンは現在、フジ株式15%、MV西日本株式72%を保有する。共同持ち株会社の株式の過半をイオンが取得する予定のため、実質的にはイオンによるフジの買収だ。

次ページ1兆円、2兆円へ変わっていく
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内