有料会員限定

治療用アプリがやってくる 禁煙に加え糖尿病・うつ病も

印刷
A
A

スマホアプリを使い、患者自らが在宅で行う治療が普及する。

医療機関に行き、「治療でアプリを処方される」という時代がやってきた。ニコチン依存症の治療(禁煙)用アプリがついに、医療機器として2020年12月に保険適用になった。開発したのはCureApp(キュア・アップ、→関連記事へ)。スマホアプリが医療機器として認められるのは国内では初めてのことだ。

キュア・アップだけでなく、病気治療のためのスマホアプリ開発に乗り出す企業が増えている。ベンチャー企業に加えて製薬会社など大手企業も参入。開発競争が始まっている。

特集「沸騰!医療テックベンチャー」の他の記事を読む

そもそもアプリが医療機器として開発され始めるきっかけになったのは、14年の薬機法(医薬品医療機器等法)の改正だ。この改正によって、ハードウェアに組み込まれていなくても、ソフトウェア単体で医療機器として認められることになった。当初想定されていたのはCTやMRIなどの画像診断に使う単体のソフトだったが、結果的に治療用スマホアプリを開発できる道が開けた。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
沸騰!医療テックベンチャー
米「ダヴィンチ」に挑む
神戸は国内最大級の医療集積地
禁煙に加え糖尿病・うつ病も
インタビュー/京都大学大学院教授・LINC代表 奥野恭史
内視鏡での診断に創薬まで
Part3 日本の大手も参戦
苦闘する上場ベンチャーたち
営業利益率59%の優等生
収益確保に苦しむ企業も
Part2 医療を変える新旗手たち 有望ベンチャー21社
法人向けの健康管理システム
最適な治療に出合えるサイト
オンライン診療システムの先駆け
薬歴システムを起点に急成長
AI診察支援で誤診を減らす
免疫抑制剤に苦しむ患者を救う
糖鎖研究のパイオニア
インフルエンザ診断を画像AIでサポート
線虫を用いた尿によるがん診断
微生物ゲノムを単一細胞レベルで解読
mRNAを標的にした創薬
「心臓ネット」で心機能を改善
阪大発、iPS細胞由来の心筋シート
脳疾患のドラッグデリバリー
脱落した候補物質を別の疾患向けに開発
「カビ」から脳梗塞の治療薬
血糖値モニタリングで生活習慣改善
化合物ライブラリーで創薬
AIで病理診断、九大・起業部発
非可食バイオマスを化学品・燃料に
人体こそビッグデータ
コロナ禍でマネー流入加速、沸騰する医療テック市場
Part1 グローバルの潮流
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内