有料会員限定

ITの巨人が医療を狙う理由 人体こそビッグデータ

印刷
A
A

グーグル、アップル、アマゾン。巨人たちが今、デジタル医療に熱い視線を注ぐ。

(Sitthiphong/PIXTA)

特集「沸騰!医療テックベンチャー」の他の記事を読む

グーグル、アップル、アマゾンという米国の巨大IT企業が今、次の有望市場として熱い視線を送るのが医療分野だ。医療データは活用の余地が大きく、金脈が眠る。グーグルは検索やAI(人工知能)、アップルはハードウェア、アマゾンはネット通販(EC)という本業でのノウハウや顧客基盤をテコに、新規事業を進めている。

取り組みが最も広範なのは、グーグルだ。2019年に新部門「グーグルヘルス」が設立され、社内の医療関連事業が集約された。数百人の医師や医療関係者を抱え、さながら医療のメガベンチャーのごとく、AIによる疾病の画像診断や、電子カルテの開発、新型コロナウイルスに関するデータベースの整備などを手がける。

「これらはすべて医師が求めていること。ソフトウェアやデータが医師の目、耳、脳の能力を拡張する」。感染症学が専門の医師でチーフ・ヘルス・オフィサー(最高医療健康責任者)を務めるカレン・デサルボ氏はそう話す。

グーグルと同じく持ち株会社アルファベットの傘下にあるのが、15年に設立されたデジタル医療を専業とするベリリーだ。医療機器の開発から、データを活用した治療法の考案、1万人規模の健康状態を追跡する臨床研究まで、事業はグーグル同様幅広い。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
沸騰!医療テックベンチャー
米「ダヴィンチ」に挑む
神戸は国内最大級の医療集積地
禁煙に加え糖尿病・うつ病も
インタビュー/京都大学大学院教授・LINC代表 奥野恭史
内視鏡での診断に創薬まで
Part3 日本の大手も参戦
苦闘する上場ベンチャーたち
営業利益率59%の優等生
収益確保に苦しむ企業も
Part2 医療を変える新旗手たち 有望ベンチャー21社
法人向けの健康管理システム
最適な治療に出合えるサイト
オンライン診療システムの先駆け
薬歴システムを起点に急成長
AI診察支援で誤診を減らす
免疫抑制剤に苦しむ患者を救う
糖鎖研究のパイオニア
インフルエンザ診断を画像AIでサポート
線虫を用いた尿によるがん診断
微生物ゲノムを単一細胞レベルで解読
mRNAを標的にした創薬
「心臓ネット」で心機能を改善
阪大発、iPS細胞由来の心筋シート
脳疾患のドラッグデリバリー
脱落した候補物質を別の疾患向けに開発
「カビ」から脳梗塞の治療薬
血糖値モニタリングで生活習慣改善
化合物ライブラリーで創薬
AIで病理診断、九大・起業部発
非可食バイオマスを化学品・燃料に
人体こそビッグデータ
コロナ禍でマネー流入加速、沸騰する医療テック市場
Part1 グローバルの潮流
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内