有料会員限定

ここまで進んだAI活用 内視鏡での診断に創薬まで

印刷
A
A

医療機器メーカーに加えシステム会社も参戦し開発競争が激化している。

医療現場でのAI(人工知能)活用が進んでいる。とくに内視鏡やCT(コンピューター断層撮影)、MRI(磁気共鳴断層撮影)といった画像診断の分野では膨大な画像情報の蓄積によってAIの精度が高まっている。

オリンパス

AI搭載内視鏡で病変の発見・診断支援

2020年11月、内視鏡で世界シェア7割を持つオリンパスは、大腸用に自社開発した内視鏡画像診断を支援するAIシステムを発売した。検査中に、大腸内にあるポリープやがんなどの病変候補をAIが自動で検出する。リアルタイムに色枠で強調表示できるシステムだ。

2020年11月に自社開発した内視鏡AI「ENDO-AID」を発売。病変候補を自動で検出する(写真:オリンパス)

特集「沸騰!医療テックベンチャー」の他の記事を読む

同社はこれまでも、大腸用のAI内視鏡を手がけてきた。19年には、IT企業のサイバネットシステムなどが開発し、国内初の“AI医療機器”として承認されたシステムを発売。ただ今回は、AIの自社開発にまで踏み込んだ。

大腸がんは、がんの中で国内では最も罹患(りかん)者数が多く、死亡率も高い。「世界的にも患者・死亡者数が増えているが、内視鏡医の育成や確保は各国で追いついていない」(オリンパスの先進画像処理技術ディレクター・神田大和氏)。AI内視鏡では、病変候補の発見や、その病変の良性・悪性の判断をサポートしてくれるものがある。経験が浅い内視鏡医でも、AIのサポートがあれば一定以上のレベルの診断が行える。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
沸騰!医療テックベンチャー
米「ダヴィンチ」に挑む
神戸は国内最大級の医療集積地
禁煙に加え糖尿病・うつ病も
インタビュー/京都大学大学院教授・LINC代表 奥野恭史
内視鏡での診断に創薬まで
Part3 日本の大手も参戦
苦闘する上場ベンチャーたち
営業利益率59%の優等生
収益確保に苦しむ企業も
Part2 医療を変える新旗手たち 有望ベンチャー21社
法人向けの健康管理システム
最適な治療に出合えるサイト
オンライン診療システムの先駆け
薬歴システムを起点に急成長
AI診察支援で誤診を減らす
免疫抑制剤に苦しむ患者を救う
糖鎖研究のパイオニア
インフルエンザ診断を画像AIでサポート
線虫を用いた尿によるがん診断
微生物ゲノムを単一細胞レベルで解読
mRNAを標的にした創薬
「心臓ネット」で心機能を改善
阪大発、iPS細胞由来の心筋シート
脳疾患のドラッグデリバリー
脱落した候補物質を別の疾患向けに開発
「カビ」から脳梗塞の治療薬
血糖値モニタリングで生活習慣改善
化合物ライブラリーで創薬
AIで病理診断、九大・起業部発
非可食バイオマスを化学品・燃料に
人体こそビッグデータ
コロナ禍でマネー流入加速、沸騰する医療テック市場
Part1 グローバルの潮流
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内