有料会員限定

時価総額はトヨタの2倍!独走するTSMCの正体 Part1 新王者・半導体の戦略

印刷
A
A

水平分業の拡大で受託製造の覇者・TSMCの躍進が止まらない。

TSMCは一時世界の時価総額ランキング10位以内に。台湾が誇る世界的企業だ(AFP/アフロ)

特集「全解明 半導体パニック」の他の記事を読む

世界的に車載向け半導体の不足が顕著になった1月下旬。台湾政府経済部の複数の高官たちは必死に電話をかけていた。「増産や生産順序の変更は本当にできないのか」。相手は半導体受託製造(ファウンドリー)でシェアの約半分を占める台湾積体電路製造(TSMC)をはじめとする台湾の半導体企業の幹部らだ。

その直前、自動車が一大産業の日本、米国、ドイツの各国政府は半導体メーカーへ増産を促すよう台湾政府に協力を求めていた。国交がない各国からの異例の要請に台湾当局内の熱気は高まっていた。王美花・経済部長(大臣)は直接TSMC幹部と会談まで行った。

「自動車産業への影響を軽減することが当社の優先事項だ」。1月28日、TSMCは要請を受けそう声明を発表した。ただ、具体的な生産前倒しなどの予定は示されなかった。「実質ゼロ回答だよ」と台湾政府経済部の高官はため息をつく。台湾でTSMCに次ぐファウンドリー大手の聯華電子(UMC)の王石・総経理は、よりはっきりとこう語った。「車載向けを優先するのは無理だ。注文を受けた順番を崩すわけにはいかない」。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内