有料会員限定

ソフトバンクG・ニトリが大学と組んだ理由 日本の大学には “稼げる"教授が必要

印刷
A
A
東京大学はソフトバンクグループなどとAIの研究機関を発足させた(撮影:今井康一)

「なぜ日本には米シリコンバレーのような場所がないのか」「DXに不可欠なデータサイエンティストやソフトウェア人材がなぜ不足しているか」。よく聞かれる質問だ。私は回答として、「大学と新産業が十分に連動していないから」との仮説を立てている。

そもそもシリコンバレーは、何もない農地に富豪がつくった無名の大学から始まった。工学部の学部長が学生の立ち上げた企業に出資し、大成功した。それがヒューレット・パッカードだ。グーグルも、後にこの大学で生まれた。これがスタンフォード大学である。

ベンチャー投資の利益を活用すれば、他校で実績のある教授に破格の給与と充実した研究環境、豊富なデータを持つベンチャーとの協業の機会を提供し、呼び込むことができる。これが50年ほど前に無名だった大学が、世界トップクラスに上り詰めた理由だ。注目ベンチャーの創業者がふらっと構内に現れ、講義をしたり、学生へ助言やインターンシップ、就職の機会を提供したりするという貴重な体験の価値も反映している。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内