描けぬ「脱炭素時代」の成長戦略 要となる洋上風力発電で劣後

印刷
A
A
泉澤清次社長は「巨艦」三菱重工業をどう舵取りするのか。写真は2020年2月の決算説明会時(撮影:風間仁一郎)

特集「三菱重工の隘路」の他の記事を読む

日本の近代化とともに成長し、戦後の経済復興を支えてきた三菱グループの中核企業、三菱重工業が行き詰まっている。

グループ創業150年にあたる2020年10月に発表した2024年3月期までの中期経営計画では、これまでに総額1兆円を投じた次代の成長戦略の要である小型旅客機「三菱スペースジェット」の開発から事実上、手を引く決断をした。だが、スペースジェットの代わりの成長エンジンは見当たらない。

今回発表した中期経営計画では、2021年3月期に1%の事業利益率(見通し)を2024年3月期に7%へ引き上げる目標を掲げた。一方、2021年3月期までの3年間に3700億円を費やしたスペースジェットに関する開発費は、2024年3月期までの3年累計で200億円にとどめる。これでは大規模な飛行試験はできず、事実上の撤退と言える。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内