有料会員限定

不動産、コロナは「買い場」 Part2 不動産売買編|見直される日本市場

印刷
A
A

海外勢の投資意欲が旺盛だ。コロナ禍で日本が「再発見」された。

不動産業界が注目していたビッグディールが、動いた。

東京・虎ノ門に立つJTビル。その名のとおりJTが本社を構えていたが、2020年10月に近隣の「神谷町トラストタワー」へ本社を移転することに伴い、ビルは入札にかけられた。虎ノ門という都心にある35階建ての超高層ビルまるまる1棟という希少な出物に、国内外の投資家が触手を伸ばした。

今夏に実施された入札には、多数のファンドやデベロッパーが参加。ビルの帳簿価格は昨年末時点で土地が214億円、建物は188億円。下馬評では「出せる金額は頑張っても700億円」(外資系不動産ファンド)。今年で築25年と維持費がかさむことや、「自社ビル仕様で建てられているため、ビルの大きさに比べて賃料を取れる床が多くない」(関係者)という事情もはらんでいた。

複数の関係者によれば、住友不動産が約800億円で取得するという。賃貸ビルとしての運用を想定する海外勢に対して、中長期的に再開発を企図する住友不が一段高い金額を提示して競り勝ったようだ。本誌の取材に対して、住友不はコメントを避けた。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
不動産 熱狂の裏側
上場不動産会社を総まくり
リニア開業延期は逆に吉?
ようやく動き出した再開発も及び腰
先手を打ったのは小田急電鉄
Part3 コロナ禍の再開発編|巨大プロジェクトに暗雲
銀行員が注視する「2023年問題」とは?
物流施設、コロナで爆騰
景気軟調でも群がる投資家
銀座、上野…人気エリアの実情
もがくホテル、光明は差すか
「京町家バブル」は破裂
インタビュー/オリックスグループ執行役員兼オリックス・ホテルマネジメント取締役社長 似内隆晃
Part2 不動産売買編|見直される日本市場
相次ぐ「サブリース」解約
移転費用は意外に重い
オフィス移転・縮小、サテライト拠点活用
脚光浴びるシェアオフィス
「オフィスは必要」が企業の本音
ベンチャー31社に直撃
Part1 オフィス編|オフィスビルは「借り手優位」に
インタビュー/コリアーズ・インターナショナル・ジャパン 時田勝司
五輪延期でも契約延長ならず
「コロナにうろたえるな、『子ども事業』に勝機」
インタビュー/ヒューリック 会長 西浦三郎
「テレワークは揺り戻す、オフィス需要は不変」
インタビュー/東急不動産 社長 岡田正志
不動産 熱狂の裏側
コロナ時代の勝者と敗者
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内