有料会員限定

テレワーク時代の新価値 Part1 オフィス編|オフィスビルは「借り手優位」に

印刷
A
A
身軽なIT企業を街にどう呼び寄せるのか。「渋谷」の価値が問われている(撮影:尾形文繁)

特集「不動産 熱狂の裏側」の他の記事を読む

オフィス市場を語るうえで何かと話題に上る渋谷。中でもとくに動向が注目されていたのが、2012年に開業した渋谷ヒカリエだ。一時は坪単価で5万円という、大手町や丸の内と肩を並べる賃料水準を視野に入れるなど、スタートアップの熱狂に沸く都市を代表するビルだった。

移転は「第2波」へ

ところが、この10月に32~34階の3フロアを賃借していたKDDIが退去。テレワーク全盛という向かい風の中、抜けた約2000坪を埋め戻せるのか。オフィス市場を占う試金石として、業界は固唾をのんで見守っていた。

結果はどうだったか。「メドはついた。想定よりスムーズに決まった。渋谷の中心に立ち、採用に有利な点も評価された」。ヒカリエを保有する東急のビル運営事業部・福島啓吾主査はほっとした表情を見せる。賃料も坪4万円台半ばという高水準で成約したもようだ。

固定費削減と在宅勤務の拡大によって、オフィスは不要になる──。世間で叫ばれる印象と、ヒカリエの動きはやや異なる。経営状況が厳しい企業によるオフィスの解約・移転が相次いだ「第1波」は過ぎ去り、本当に必要なオフィスを考える「第2波」へと移行しつつあるからだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
不動産 熱狂の裏側
上場不動産会社を総まくり
リニア開業延期は逆に吉?
ようやく動き出した再開発も及び腰
先手を打ったのは小田急電鉄
Part3 コロナ禍の再開発編|巨大プロジェクトに暗雲
銀行員が注視する「2023年問題」とは?
物流施設、コロナで爆騰
景気軟調でも群がる投資家
銀座、上野…人気エリアの実情
もがくホテル、光明は差すか
「京町家バブル」は破裂
インタビュー/オリックスグループ執行役員兼オリックス・ホテルマネジメント取締役社長 似内隆晃
Part2 不動産売買編|見直される日本市場
相次ぐ「サブリース」解約
移転費用は意外に重い
オフィス移転・縮小、サテライト拠点活用
脚光浴びるシェアオフィス
「オフィスは必要」が企業の本音
ベンチャー31社に直撃
Part1 オフィス編|オフィスビルは「借り手優位」に
インタビュー/コリアーズ・インターナショナル・ジャパン 時田勝司
五輪延期でも契約延長ならず
「コロナにうろたえるな、『子ども事業』に勝機」
インタビュー/ヒューリック 会長 西浦三郎
「テレワークは揺り戻す、オフィス需要は不変」
インタビュー/東急不動産 社長 岡田正志
不動産 熱狂の裏側
コロナ時代の勝者と敗者
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内