有料会員限定

「三重苦」商業地の叫び 銀座、上野…人気エリアの実情

印刷
A
A

天国から地獄へ。緊急事態宣言解除から半年経つが、復調の兆しは見えない。

「街に人が来ない。賃料を下げても問い合わせが来ない」。東京・銀座でオフィスや店舗を仲介する銀座オフィスセンターの尾又啓一営業本部長はこぼす。

一等地のたそがれ

緊急事態宣言解除からもうすぐ半年。国内屈指の一等地の人通りは今も元に戻っていない。国内買い物客、ビジネス客、訪日旅行客。「みんな消えた。三重苦だ」。都内で店舗仲介を手がける日本テナントサービスの早稲田摂生代表取締役は話す。「こんなによい立地なのに、という区画でも空いている」。

苦境の原因は訪日客の減少だけではない。米不動産サービス会社クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドの須賀勲エグゼクティブ・ディレクターは、「国内の買い物客は複数の店舗での買い回りをせずに、目的地にだけ行って帰ってしまう。ビジネスマンも大人数での宴会が制限され、経費を使った外食がしにくい」と指摘する。

特集「不動産 熱狂の裏側」の他の記事を読む

コロナ禍以前、商業施設は好立地であればほかの不動産をしのぐ収益を生んだ。周辺相場に縛られやすいオフィスや住宅と異なり、人が集まり売り上げの立つ場所なら、飛び抜けた賃料でも成約できた。だが、今は様変わりした。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
不動産 熱狂の裏側
上場不動産会社を総まくり
リニア開業延期は逆に吉?
ようやく動き出した再開発も及び腰
先手を打ったのは小田急電鉄
Part3 コロナ禍の再開発編|巨大プロジェクトに暗雲
銀行員が注視する「2023年問題」とは?
物流施設、コロナで爆騰
景気軟調でも群がる投資家
銀座、上野…人気エリアの実情
もがくホテル、光明は差すか
「京町家バブル」は破裂
インタビュー/オリックスグループ執行役員兼オリックス・ホテルマネジメント取締役社長 似内隆晃
Part2 不動産売買編|見直される日本市場
相次ぐ「サブリース」解約
移転費用は意外に重い
オフィス移転・縮小、サテライト拠点活用
脚光浴びるシェアオフィス
「オフィスは必要」が企業の本音
ベンチャー31社に直撃
Part1 オフィス編|オフィスビルは「借り手優位」に
インタビュー/コリアーズ・インターナショナル・ジャパン 時田勝司
五輪延期でも契約延長ならず
「コロナにうろたえるな、『子ども事業』に勝機」
インタビュー/ヒューリック 会長 西浦三郎
「テレワークは揺り戻す、オフィス需要は不変」
インタビュー/東急不動産 社長 岡田正志
不動産 熱狂の裏側
コロナ時代の勝者と敗者
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内