有料会員限定

『戦後日本、記憶の力学 「継承という断絶」と無難さの政治学』 『一門 “冴えん師匠"がなぜ強い棋士を育てられたのか?』ほか

印刷
A
A

美化される戦争の記憶、その仕組みを緻密に実証
評者/福井県立大学名誉教授 中沢孝夫

『戦後日本、記憶の力学 「継承という断絶」と無難さの政治学』福間 良明著(書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします)
[Profile] ふくま・よしあき 1969年生まれ。京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程修了。博士(人間・環境学)。出版社勤務、香川大学准教授を経て、立命館大学産業社会学部教授。専攻は歴史社会学・メディア史。『「勤労青年」の教養文化史』など著書多数。

死者は生者の記憶の中に存在するが、その記憶は生者に都合よく書き換えられることがよくわかる本だ。特に集団の記憶はそのようだ。戦後75年、戦争の現実を知る人が減り、語り部自体が継承されるようになると、語られる中身の変容を招く。

靖国神社、千鳥ヶ淵、広島、長崎、摩文仁(まぶに)、知覧そして各種の慰霊祭など「記憶の場」の誕生から変容をたどり、かつ映画や小説、各時代の代表的言論を点検しつつ、「記憶の力学」を綿密に実証する。

例えば、知覧の特攻出撃に関する“記憶の作られ方”は、死者たちを美化し、「志願を強いた」軍の組織的暴力を不問に付すものだった。事実を明らかにすると、特攻隊員の死が、神聖どころか無駄だったことがはっきりするのだ。集団の記憶に大切なのは無難さであり、組織犯罪とその中心人物の明確化ではない。

あるいは「平和主義者の独善」としての原水禁世界大会。また、いずれも市民の反対の声を押し切った原爆ドームの保存や被災した浦上天主堂の解体の経過などを読んでいると、反戦や平和を語る人たちは、なんとまあ多くの事実を抽象化していることか。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内