【産業天気図・外食】猛暑で若干回復だが、アテネ五輪がブレーキ

デパート地下の食品売り場や、持ち帰り弁当店といった“中食”(なかしょく)勢力に押され気味の外食業界。一時期は30兆円近くまで広がった市場規模は、今や25兆円程度まで縮小したといわれ、慢性的な「曇り空」だ。
 とはいえ、この7月は猛暑で業界既存店売上高が対前年比1.3%増と2月以来5カ月ぶりのプラスに転じ(日本フードサービス協会調べ)、一息ついた。ところが、8月はその反動減。さらには、オリンピックによる人出の減少と、せっかくの特需も尻すぼみの状況に陥った。
 それでも冷夏だった昨年よりはましで、ファミレス御三家のすかいらーく、デニーズ、ロイヤルは揃って業績を回復させる。
 一方、BSEショックを引きずる牛丼チェーンは、上期業績が大幅に悪化。米国産牛肉の年内輸入再開にはメドがついたものの、原状回復には時間がかかる、との見方も。元気いっぱいなのは、幸楽苑やハイデイ日高のラーメンチェーン程度か。
【高橋由里記者】


(株)東洋経済新報社 電子メディア編集部

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。