有料会員限定

大学入試制度を政争の具にする野党 政治家ではなく専門家らが慎重に検討すべき

✎ 1〜 ✎ 234 ✎ 235 ✎ 236 ✎ 最新
拡大
縮小

教育が政争の具になっている。この悪影響を、もっと強く認識すべきだと思う。11月1日、萩生田光一文部科学相が2020年度開始の大学入学共通テストへの英語民間試験導入延期を発表した。〈文科省は今後、検討会議を立ち上げ、共通テストでの英語試験について1年後をめどに結論を出す方針。大学入試センターが4技能を測る新しい試験を新たに開発することも含め、民間試験の活用自体を見直すことも排除せずに検討を進めるという。/20年度からの共通テストでは、英語の「読む・聞く・書く・話す」の4技能を測るために民間6団体の試験を活用し、受験生の成績を大学入試センターを通じて大学側に提供することにしていた。しかし、居住地や家庭の経済状況によって受験機会に格差が出る恐れがあるなど、公平性への懸念の声が上がっていた。/萩生田文科相は1日の閣議後記者会見で、導入見送りの理由を「安心して受けられると自信をもっておすすめできるシステムになっていないと判断した」などと説明した〉(11月2日「日本経済新聞電子版」)。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
伊藤忠が「8時前出社」導入で出生率急上昇のナゼ
伊藤忠が「8時前出社」導入で出生率急上昇のナゼ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内