日産トップ人事 「折衷案」のトロイカ体制 幹部の処遇をめぐって場外バトルもあった

印刷
A
A

日産、ルノー双方が歩み寄った人選。幹部の処遇をめぐるバトルもあった。

ゴーン氏解任に続き、西川氏が9月に引責辞任。新経営陣が日産の未来を担う(撮影:今 祥雄)

「決まってみれば、仏ルノーの意向に最大限配慮した顔ぶれだ」。日産自動車が10月8日に発表した来年1月からの新体制メンバーについて、ある日産幹部はそう解説する。

不正報酬問題で辞任に追い込まれた西川廣人前社長兼CEO(最高経営責任者)の後任として、中国事業を統括する内田誠専務(53)がトップに昇格。COO(最高執行責任者)には三菱自動車のアシュワニ・グプタCOO(49)が就く。副COOとなる関潤専務(58)を含めた新たな「トロイカ体制」は、対立回避を優先した日産とルノーが妥協を重ねた末の折衷案だった。

6月に指名委員会等設置会社に移行した日産では、社外取締役が過半を占める指名委員会が経営トップを選ぶ。元経済産業審議官の豊田正和氏を委員長とする指名委は、西川氏が1〜2年内に退任する前提で7月から候補者選びに着手。その時点で100人いた候補者は、西川氏の電撃辞任が決まった9月9日には6人までに絞られていた。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内