有料会員限定

自動運転の向かう先 「豊田章男 100年の孤独」 第25回

✎ 1〜 ✎ 24 ✎ 25 ✎ 26 ✎ 最新
拡大
縮小
(撮影:尾形文繁)

「実は、私は自動運転の一番の抵抗勢力でした」

クルマには、交通事故が付きものだ。しかも、事故原因の大半は、ドライバーの不注意などヒューマンエラーである。

「交通事故死傷者ゼロの社会をつくるのが、われわれの究極の使命だ」

と、豊田章男は語る。

トヨタ自動車は、もともと理念の強い会社だ。大義を掲げる。大義は、挑戦の起爆剤であり、困難に直面した際、粘り強く乗り越えるエネルギーのもととなる。自動運転に取り組む大義は、交通事故ゼロである。

トヨタの自動運転技術の究極の目的は、単にクルマの完全自動運転ではない。

「よく、グーグルなんかと比べて、トヨタの自動運転は遅れているねといわれるけれど、出口が違うんですね」

と、副社長の寺師茂樹は語る。

IT業界の巨人、米グーグル系の自動運転技術開発会社ウェイモは2018年末、運転席に人が座る条件付きながら、自動運転タクシーを実用化した。トヨタとは明らかに発想が異なる。彼らの目標は無人運転だ。完全自動運転に一気にジャンプしようと、猛烈なスピードで実用化を進める。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内