有料会員限定

EVの遅れを取り戻せ 「豊田章男 100年の孤独」 第24回

✎ 1〜 ✎ 23 ✎ 24 ✎ 25 ✎ 最新
拡大
縮小
(撮影:尾形文繁)

「やってみて、初めてわかることもある」

2010年5月20日、米シリコンバレー・パロアルトにあるテスラ(当時の社名はテスラ・モーターズ)本社に、豊田章男の姿があった。隣には、当時カリフォルニア州知事のアーノルド・シュワルツェネッガー、さらに、テスラ会長兼CEO(最高経営責任者)のイーロン・マスクが並んでいた。

【テスラ】2003年創業。米シリコンバレーに本拠を置き、EVやソーラーパネルの開発、生産、販売を行う。08年に同社初のEV「ロードスター」を発売して以降、セダンやSUVのEVを発売。EVベンチャーの先駆け。

席上、章男とマスクは、両社の技術に関する業務提携を発表し、トヨタ自動車はテスラに5000万ドル(当時約45億円)を出資した。

テスラとの提携をめぐっては、こんなエピソードがある。

提携発表の直前のことだ。トヨタ モーター エンジニアリング アンド マニュファクチャリング ノース アメリカの執行副社長として米ケンタッキー州に駐在していた現トヨタ副社長の寺師茂樹は、久々に帰国し、名古屋の居酒屋で仲間と、名物の手羽先を食べていた。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内