有料会員限定

モビリティの仲間づくり 「豊田章男 100年の孤独」 第19回

✎ 1〜 ✎ 18 ✎ 19 ✎ 20 ✎ 最新
拡大
縮小
(撮影:梅谷秀司)

「トヨタ自動車はアライアンスの下手な会社だ」と、豊田章男は公言してはばからない。現に、いすゞ自動車や米テスラとの提携に失敗している。

しかし、環境激変の下で、「カーメーカー」から「モビリティカンパニー」に進化しようとすれば、単独対応では限界がある。他社との提携なしに、それは実現できない。それどころか、生き残れない。思い切ってアライアンス、仲間づくりを図らなければならない。

トヨタがアライアンス下手なら、トヨタ自身が変わればいいではないか。それなら、トップが率先して動くだけだ。章男は、現副社長で技術畑を預かる寺師茂樹にこう語った。

「将来を見据えて、もっとオープンにアライアンスがやれるように考えようじゃないか」

2014年から15年にかけての話である。

トヨタのアライアンスは、支配や規模の拡大を目的としない。志を同じくする者同士の連帯関係に近い。その端的なケースが、マツダである。

「小飼さん、ここにマツダのクルマがないんです」

章男が現マツダ会長の小飼雅道と初めて1対1で会ったのは、小飼がマツダ社長に就任して約半年、13年末のことである。小飼は、豊田市にあるトヨタ本社を訪れた。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内