有料会員限定

TNGAの挑戦 「豊田章男 100年の孤独」 第18回

✎ 1〜 ✎ 17 ✎ 18 ✎ 19 ✎ 最新
拡大
縮小
(撮影:風間仁一郎)

「クルマづくりを、骨格からすべてやり直す」

今回は、トヨタ自動車によるマツダの“発見”物語である。それは、日本のモノづくりを根底から変えるドラマの始まりであった。

私は、トヨタのある役員から、次のような言葉を何度聞かされたかわからない。

「マツダに比べると、うちは緩い。このままではトヨタは危ない」

猛烈な危機感だった。「王者」の余裕は見られなかった。

「もはや、ちょっといじって変わるレベルではなく、大きく、骨格からすべてやり直す必要がある」

と、豊田章男も語っている。

トヨタは、リーマンショック後、クルマづくりの思想を抜本的に見直す「TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」に踏み切った。

トヨタの「TNGA」に匹敵するのは、マツダの次世代技術である「SKYACTIV(スカイアクティブ)技術」だ。

【SKYACTIV技術】2010年に発表された、マツダの革新的次世代技術の総称。クルマの基本性能であるベース技術を徹底的に改良し、「走る歓び」と「優れた環境・安全性能」の高次元での両立を目指した。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内