有料会員限定

カーガイのラリー参戦 「豊田章男 100年の孤独」 第15回

✎ 1〜 ✎ 14 ✎ 15 ✎ 16 ✎ 最新
拡大
縮小
(撮影:今 祥雄)

トヨタ自動車社長の豊田章男には、「モリゾウ」というもう1つの顔がある。

彼は、モリゾウとして、独「ニュルブルクリンク24時間耐久レース」をはじめ、国内外の耐久レースやラリーに出場する。

モリゾウの名前を使うのは、レースだけではない。トヨタのオウンドメディア「トヨタイムズ」には、「モリゾウのつぶやき」なるブログがある。

2016年1月のダイハツ工業との共同記者会見では、記者から「好きなダイハツ車を教えてください」と質問が飛んだ。章男は、「モリゾウとして、でいいんですか?」と返して会場の笑いを誘い、「トヨタ社長としてはインドネシアの『セニア』(新興国向けの小型ミニバン/トヨタ名『アバンザ』)、モリゾウとしては『ミライース』(5ドアの軽自動車)です」と返答した。

「豊田章男というと、トヨタ社長という鎧(よろい)を着ないといけないが、モリゾウといえば1人のクルマ好きになれる。“このクルマが好きだ”あるいは“嫌いだ”と、自由に言える」

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内