有料会員限定

カンパニー制の成否 「豊田章男 100年の孤独」 第20回

✎ 1〜 ✎ 19 ✎ 20 ✎ 21 ✎ 最新
拡大
縮小
(撮影:梅谷秀司)

「象を動かすのは、社長1人になっていた」

企業には、組織改編がつきものだ。成長し、規模が大きくなれば、当然、それに見合う組織に編成し直す必要がある。

ただし、絶対的組織というものはない。成長度合い、経営環境、技術の進展などに合わせて、最適な姿をつねに模索し続けなければならない。

トヨタ自動車の組織改編で記憶に残るのは、バブル絶頂期の1989年の「フラット化」と呼ばれる改正だ。課長職を廃止し、プロジェクトマネージャー制を導入した。90年以降は、クルマづくりのスピードアップのため、技術部門を4つの「開発センター」に分割再編し、組織の活性化を図った。

【フラット化】1980年代末以降、多くの企業が組織のフラット化に取り組んだ。トヨタは「部・課・係」のピラミッド型組織から複数の課を大ぐくりして「室」としたほか、職位で呼ばない「さんづけ」や「ハンコ3つ運動」などを行った。

ところが、歴史は繰り返される。一度スリム化した組織は、2000年代初頭の成長路線を経て、再び膨らみ続け、“重くて遅い組織”になった。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内