有料会員限定

現金主義の人にもわかる! キャッシュレスQ&A 日本で浸透しない理由、普及させるメリット、セキュリティー…

✎ 1〜 ✎ 6 ✎ 7 ✎ 8 ✎ 最新
拡大
縮小
(Photo by Jonas Leupe on Unsplash)

特集「狂乱キャッシュレス」の他の記事を読む

巨額の還元キャンペーンなどで盛り上がるキャッシュレス市場。なぜ今、この市場が注目されているのか。利用者や店舗は何に気をつけるべきなのか。Q&A形式で解説します。

Q1. キャッシュレスが日本で浸透しない理由は何?

日本のキャッシュレス決済比率は2015年時点で18.4%と、韓国や中国、英米に比べて低い数字です。その理由として、治安がよく盗難が少ない、偽札が少なく現金に高い信頼性がある、といったことがあります。

一方で、不思議なデータもあります。国際決済銀行の調べによると、日本はクレジットカードやデビットカードなどを1人当たり約8枚保有しています。これはシンガポールの約10枚に次ぐ世界2位。日本は世界有数の「カード保有大国」なのです。

それなのに、なぜキャッシュレス決済の比率が低いのか。大きな理由として、消費者がクレジットカードを使える場所の少なさが挙げられます。経済産業省が17年2月に実施した調査によれば、観光地における飲食業(食堂、麺類店、喫茶店)のクレジットカード対応率は2割強。小売業全体でも7~8割にとどまっています。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料法人プランのご案内