有料会員限定

指導者の思惑で不安定化 中東の地政学リスク

印刷
A
A

サウジアラビア人ジャーナリスト殺害事件が、いまだにくすぶり続けている。

ジャマール・ハーショグジー(カショギ)氏が2018年10月2日、トルコ・イスタンブールにあるサウジアラビア総領事館に入ったところ、待ち構えていたサウジアラビア政府の諜報機関関係者によって殺害された。同氏がサウジアラビアの現体制に批判的な記事を発表し続けてきたことが、殺害の理由とみられている。この凄惨な事件は、サウジアラビア政府が殺害の事実を認め、実行犯の逮捕と裁判の実施によって一方的に幕引きを図ろうとしている。

しかしながら、国際社会の多くはこの事件が解決したとは見ていない。そればかりか、サウジアラビアの事実上の最高権力者であるムハンマド・ビン・サルマーン皇太子が事件の首謀者である、との疑いを深めている。

事件の舞台となったトルコでは、レジェップ・タイイップ・エルドアン大統領がサウジアラビアに実行犯の引き渡しを要求している。ムハンマド皇太子の外遊先のエジプトやチュニジアでは、ジャーナリストや市民による抗議活動が行われた。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内