有料会員限定

値決めで勝った企業 壱番屋/ライオン/リンガーハット/JT

印刷
A
A

価格改定で苦戦する企業が多い中、値決めが巧みな企業もある。

壱番屋

特集「値決めの勝者と敗者」の他の記事を読む

壱番屋が運営する「カレーハウスCoCo壱番屋」は、外食業界の中でも屈指の値決め上手とされる。その技は関係者の間で「サイレント値上げ」と称されている。価格を一気に上げるのではなく、対象商品や時期を少しずつずらし、細かく上げていくことで、顧客が値上げを感じにくくなる工夫をしているのだ。

CoCo壱番屋は、顧客が自分好みにカレーをカスタマイズできる点が魅力。シンプルなカレーを基本として、チーズや野菜など数十種類あるトッピングからいくつか選んだり、「普通」から「10辛」まで11段階の辛さを好みで選んだりできる。ライスの量も100グラム単位で変えられる。

このように複雑な価格構成になっているので、細かな値上げは気づかれにくい。15年3月にトッピング7品目を値上げしたのを皮切りに3年連続で何らかの商品を値上げした。が、たまに利用する20代男性が「値上げしていたのは知らなかった」と語るように、客にとって負担増の印象はあまり強くないようだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内