有料会員限定

雄安新区・北京・深圳… これが中国流イノベーションだ 企業の実力徹底比較 日本vs.中国 50番勝負

印刷
A
A

ファーウェイ、アリババ、テンセント…。イノベーションと拡大する内需を背景に、中国企業の躍進が目覚ましい。日本が中国より優位な産業はあとどれだけ残されているのか。50テーマで徹底検証した。

本誌:秦 卓弥、中山一貴、若泉もえな、劉 彥甫

週刊東洋経済 2018年9/15号
書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

特集「中国vs.日本 50番勝負」の他の記事を読む

現地ルポ! 雄安新区・北京・深圳… これが中国流イノベーションだ

国家の威信を懸けたハイテク実験都市 雄安新区

北京市内から高速鉄道に乗ることおよそ1時間半。小さな農村のあぜ道を抜けると突然、近未来的なビル群が現れた。ここは習近平政権が「千年の大計」として建設中の人工都市・雄安新区の中心地だ。

雄安は、上海・浦東や深圳に続く国家レベルの特区で、2017年4月に設立構想が明らかにされた。首都・北京の交通渋滞や不動産価格高騰など「大都市病」の解決が主目的だが、最先端テクノロジーの実験都市という役割も持ち、中国を代表するテック企業が最新のイノベーションを競っている。

(写真上)雄安新区の中心地は農村の畑に囲まれている (写真下)中国企業の視察団や周辺の村民、観光客も多く訪れていた

電気自動車(EV)の充電スタンドがずらりと並ぶ駐車場には、IT大手・百度(バイドゥ)の自動運転車両が停車。雄安の中心地である市民センターを一周する形で、自動運転車専用道路が敷かれ、自動運転技術の実用化に向けて日々実験が行われている。

(写真上)百度の自動運転車両。車体上部のセンサーで障害物や人物を認識する。駐車場にはEVの充電スタンドがずらり (写真下)通常の自動車道路に加えて自動運転専用道路が敷かれている

その敷地内を歩くと4輪駆動のロボットとすれ違った。中国EC大手・京東集団(JDドットコム)が実用化を進める自動配送ロボだ。「指定した場所にロボが着いたら、顔認証で荷物を受け取れる」(京東担当者)という。顔認証でチェックインや部屋の解錠ができる“未来のホテル”もある。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
中国vs.日本 50番勝負
中国vs.日本 勝負の結果は…
日本メーカーとの合弁で技術水準上昇?
武田の売上高は中国トップ企業の4倍超
»»ヘルスケア・鉄鋼 日本が技術の優勢を保つ
中国経済5つの死角(5)
日本国内でもシェア約8割
中国は有人宇宙飛行を実現
技術的には日本が圧倒的優位だが
中国経済5つの死角(4)
自国内の建設数は中国が日本を圧倒
»»インフラ 新興国で日中が火花
日本のバブルに関するムックを出版
世界的認知度は日本に軍配
中国経済5つの死角(3)
中国はキャッシュレス先進国
»»IT 中国経済を牛耳る巨大企業
中国経済5つの死角(2)
Interview|安川電機社長 小笠原 浩
透ける中国政府の思惑
世界販売台数は中国企業がトップ
»»自動車・機械 トヨタを脅かす新勢力
Interview|米ハーバード大学 W. オーバーホルト
中国経済5つの死角(1)
世界首位入れ替わりか
車載電池メーカー世界トップに
米韓2強に迫る中国勢、日本は圏外
「折れ曲がる」スマホにパネル採用のうわさも
度重なる買収で着実に力をつける
AI|AI大国化する中国 音声・画像認識で躍進
»»電子・電機 ハイテク産業で日本を追い抜く中国
企業の実力徹底比較 日本vs.中国 50番勝負
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内