有料会員限定

プラットフォーマー|アリババ・テンセントの革新力 »»IT 中国経済を牛耳る巨大企業

印刷
A
A

特集「中国vs.日本 50番勝負」の他の記事を読む

中国に対して日本が「不戦敗」とならざるをえないのが、プラットフォーマーだ。米国の「GAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)」のように、外部の企業へ事業基盤となる製品やサービスを提供して高い収益を上げる企業をそう呼ぶ。

日本には該当する企業がないが、中国では百度(バイドゥ)、アリババグループ、騰訊(テンセント)の3社、いわゆる「BAT」が急成長中だ。中でも、人々の生活インフラを一変させるようなイノベーションを連発してきたのが、アリババとテンセントだ。

無人レジで商品をスキャンし、スマホをかざしてキャッシュレス決済

どこでもスマホで注文 配達時間は30分以下

レールにぶら下がった色とりどりのバッグが素早く行き交い、バックヤードへと消えてゆく──。上海市郊外の食品スーパーの天井を見上げると、スーパーとは思えない光景が広がっていた。アリババグループが手掛ける次世代スーパー、「盒馬鮮生(フーマー・フレッシュ)」である。

フーマーでは伝統的な小売店舗とEC(ネット通販)、そして物流の機能が融合している。店舗から3キロメートル以内であれば、専用のスマートフォンアプリ上で商品を選んで注文すると、30分以下で自宅に届く。注文は店内でも自宅でも、スマホさえあればどこでもできる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
中国vs.日本 50番勝負
中国vs.日本 勝負の結果は…
日本メーカーとの合弁で技術水準上昇?
武田の売上高は中国トップ企業の4倍超
»»ヘルスケア・鉄鋼 日本が技術の優勢を保つ
中国経済5つの死角(5)
日本国内でもシェア約8割
中国は有人宇宙飛行を実現
技術的には日本が圧倒的優位だが
中国経済5つの死角(4)
自国内の建設数は中国が日本を圧倒
»»インフラ 新興国で日中が火花
日本のバブルに関するムックを出版
世界的認知度は日本に軍配
中国経済5つの死角(3)
中国はキャッシュレス先進国
»»IT 中国経済を牛耳る巨大企業
中国経済5つの死角(2)
Interview|安川電機社長 小笠原 浩
透ける中国政府の思惑
世界販売台数は中国企業がトップ
»»自動車・機械 トヨタを脅かす新勢力
Interview|米ハーバード大学 W. オーバーホルト
中国経済5つの死角(1)
世界首位入れ替わりか
車載電池メーカー世界トップに
米韓2強に迫る中国勢、日本は圏外
「折れ曲がる」スマホにパネル採用のうわさも
度重なる買収で着実に力をつける
AI|AI大国化する中国 音声・画像認識で躍進
»»電子・電機 ハイテク産業で日本を追い抜く中国
企業の実力徹底比較 日本vs.中国 50番勝負
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内