有料会員限定

主要通貨の特徴を簡単解説 ビットコインだけじゃない

✎ 1〜 ✎ 8 ✎ 9 ✎ 10 ✎ 最新
拡大
縮小

通貨ごとの違いは何か。『これでわかったビットコイン』(太郎次郎社エディタス)などの著書がある慶応義塾大学SFC研究所上席所員の斉藤賢爾氏に解説してもらった。

(出所)価格推移はCoinhills(以下グラフも同様)

特集「ビットコイン 天国と地獄」の他の記事を読む

2008年にサトシ・ナカモトを名乗る人物ないし集団によって構想が公開され、09年に実稼働を始めたデジタル通貨システムおよびその通貨。全員が同じ台帳を複製して持ち、台帳への追記にわざと労力(電力)がかかるようにして、改ざんへの耐性と取引の検証性を同時に備えるようにしたブロックチェーンとともに発明された。

統制する中心がなく、ユーザーによる取引データをマイナーと呼ばれる参加者たちが収集・検証し、労力をかけて台帳の1ページ(1ブロック)にまとめる。ページの作成に成功したマイナーに報酬として支払われる形でビットコインが生まれるが、それは平均10分間に1回起きる。報酬は約4年に1度半減し、全体で2100万BTC以上は作られない。多くの仮想通貨がブロックチェーンに基づき類似の動作をする。

 

13年に提唱されて以降、開発が続けられているブロックチェーンであり、その基本となる通貨はイーサと呼ばれる。単なる通貨にとどまらず、アプリケーションの実行基盤として動作する。イーサリアム上のアプリケーションはスマートコントラクト(デジタル資産をルールに従い自動的に操作する仕組み)と呼ばれる。このスマートコントラクトのプログラムが実行されるごとに、手数料としてイーサが支払われる。実行基盤を車のエンジン機能に見立てて、イーサは暗号燃料とも称される。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内