有料会員限定

セクハラ告発のジレンマ 米国政界にも波及した

印刷
A
A

ハリウッド大物プロデューサーによるセクハラの発覚から2カ月、米国では、企業や政界を巻き込んだ社会問題へと発展している。

米ピクサーのクリエーティブ部門トップ、ジョン・ラセター氏(中央)は、自ら半年の休職に入った(ロイター/アフロ)

米国では最近、セクハラで訴えられた有名人が、毎日のように職を追われている。

本稿執筆時の11月20日過ぎには、テレビのアンカーとして米国放送界でトップの座にあったチャーリー・ローズ氏がCBSから解雇された。また、『トイ・ストーリー』や『アナと雪の女王』などの巨大ヒットアニメ映画を生み出した、ピクサーのクリエーティブ部門トップ、ジョン・ラセター氏も、自ら半年の休職に入った。

セクハラの訴えはとどまるところを知らない。有名ジャーナリストや俳優、連邦議会議員までが、過去の悪行を次々と暴かれている。

この流れは去る10月初め、ハリウッドの大物プロデューサーであるハーヴィー・ワインスタイン氏の長年にわたるセクハラの事実が、ニューヨーク・タイムズ紙などによって明らかにされたことに端を発している。

同氏は、自らの立場を利用し、若い女優らに性交渉の強要も含むセクハラを働き、場合によっては、示談金を払って被害者を泣き寝入りさせてきた。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内