有料会員限定

背水のリコー コピー機の余命はあと3年

印刷
A
A

優良モデルとして知られた複合機ビジネス。その勝利の方程式が崩れ始めた。

(本誌:遠山綾乃)
写真:東京・銀座にそびえ立つ三愛ドリームセンターはリコー創業者の市村清が設立

今年3月、リコーの社員向けサイトに「リコー再起動」と名付けられた動画がアップされた。その内容は社長就任を4月に控えた副社長の山下良則による、決意表明のメッセージだった。

「輝かしいリコーを取り戻すため、再起動のスタートラインに立ちましょう」。山下は熱意を語るとともに、これまでの経営の問題点を訴えた。1本5分程度の動画3本にまとめられ、日英2カ国語で配信された。

この動画が、社内で賛否両論を呼んだことは想像に難くない。前社長の三浦善司が在任中にもかかわらず、山下は新体制での改革ビジョンを具体的に語った。特命担当役員を指名し、直轄プロジェクトも立ち上げた。一連の言動が勇み足と受け止められても、仕方がないだろう。この背景には、山下の強烈な危機感があった。

価格下落が止まらない 崩れたビジネスモデル

社長就任間もない4月12日、山下は経営説明会でリスクシナリオを明らかにした。その内容は「価格下落が続くことで、現在のコスト削減では2019年度に赤字になる」という深刻なものだった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内