有料会員限定

北朝鮮めぐる駆け引き 笑顔引きつる米中首脳

印刷
A
A

米中首脳会談で習近平主席が時折見せた険しい表情は水面下での交渉を物語る。

トランプ大統領は、米中首脳会談の最中にシリアの空軍基地へミサイル攻撃をしてみせた(The New York Times/アフロ)

4月6日から7日にかけて行われた米中首脳会談における中国の目的は明らかだった。米中協調関係の内外へのアピールである。習近平・中国国家主席が終始、笑顔を保とうと努力したのはこのためだ。

特に、中国国内の政敵たちから、外交の失敗を非難されることは許容できない。米国に対して、「弱腰」と見られるような態度こそとれないが、米中協調の雰囲気を醸し出せれば、中国が譲歩せずに米中協力を勝ち取ったと主張できる。

トランプ米大統領にも協調的な姿勢を示してもらうために、中国は水面下での譲歩を迫られたはずだ。努力したにもかかわらず、折に触れ見せてしまった習近平主席の険しい表情は象徴的である。

中国は、米国製品の輸入拡大をもって貿易不均衡是正の意図を示し、米中首脳会談を乗り切るつもりだったと報じられている。しかし米国は、為替を操作したかどうかにかかわらず、為替の不均衡という根本的な問題における譲歩を迫った。

さらに中国にとって厄介なのは、北朝鮮問題がクローズアップされてきたことだ。北朝鮮が、核弾頭とその運搬手段である大陸間弾道ミサイル(ICBM)の開発を進めているからである。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
年金大改正、何歳から受け取るのがトクなのか
年金大改正、何歳から受け取るのがトクなのか
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内