有料会員限定

富士フイルム苦闘の10年間、全記録 本業の「消失」から「創出」へ

印刷
A
A
撮影:熊倉徳志(ピクチャーコレクション)

特集「本業消失」の他の記事を読む

(注)カラーフィルムのデータは2010年まで

ドル箱の写真フィルムが存亡の危機に。その時、幹部と社員は何を考えどう動いたのか。

2003年9月。古森重隆・富士写真フイルム社長(肩書きは当時、以下同)は、台湾に飛んでいた。目的は液晶パネルメーカーの訪問だ。

同行したのは液晶偏光板保護フィルムであるTAC(タック)フィルムの新任営業課長、浜直樹。夜、顧客との会食が終わると古森は「飲み直そう」と宿泊するホテルの部屋に浜を招き入れ、こう切り出した。

「写真フィルム事業はこのままじゃダメだ。改革する。おまえたちは、今やっている事業を伸ばしてくれ」

昼間、段取りの悪さを叱責されて恐縮しきっていた浜は「自分のような課長ごときにそこまで言ってくれるのか」。こう胸の中でつぶやき、武者震いした。と同時に、これまで利益の3分の2を稼いできたフィルム事業の切羽詰まった状況を知る。

その頃、写真フィルム営業の司令塔である感材部では、部長の中村和夫が需要予測データを前にため息をついていた。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内