『ポピュリズムとは何か』『人質の経済学』 『いつも笑顔でいられる 楽々、感情コントロール』

印刷
A
A
ポピュリズムとは何か - 民主主義の敵か、改革の希望か (中公新書)
ポピュリズムとは何か - 民主主義の敵か、改革の希望か (中公新書)(中央公論新社/244ページ)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。
みずしま・じろう●千葉大学法政経学部教授。1967年東京都生まれ。東京大学教養学部卒業、東大大学院法学政治学研究科博士課程修了。博士(法学)。オランダのライデン大学客員研究員、甲南大学法学部助教授などを経る。専攻はオランダ政治史、欧州政治史、比較政治。

分厚い知見に照らし分析してみせた良書

評者 北海道大学大学院教授 遠藤 乾

橋下徹氏からトランプ氏まで、21世紀は「ポピュリズムの世紀」となった。2017年も欧州で国政選挙が続き、その勢力の伸長は確実視されている。

本書は、もはや一過性の現象とはいえぬこのテーマをいま読み解くのに最適である。

政治史・比較政治を専門とする著者は、南北アメリカから欧州の大小国にいたるまでの、広角かつ分厚い学術的蓄積を惜しげもなく本書につぎこむ。

「エリートと人民の対比を軸とする政治運動」と定義されるポピュリズムは、カリスマ的指導者が、批判対象のエリートを飛び越え、ネットや国民投票を介して人民の不満を直接くみとる現象だ。イデオロギーは希薄で、反ユダヤ主義などの伝統的な極右とは一線を画する。既存政党が大衆と乖離し、格差が広がる中で、反グローバル化や移民排斥などを旗印に伸長した。

本書の主たるテーゼは、リベラル・デモクラシー(の先進国)なのに、ではなく、それゆえに、ポピュリズムが興隆するのだということにある。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内