有料会員限定

たばこ会社も関与? 世界で広がるヤミたばこ市場 日本が直面する未来

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小

世界中でヤミたばこが広がっている。偽造は総市場の8%、密輸は4分の1を占めるともいわれている。世界は規制強化と偽造・密輸とのジレンマに直面する。

©Photo:Getty Images/AFLO

特集「ガンの嘘」の他の記事を読む

2000年、英国政府は頭を抱えていた。たばこ税を大幅に引き上げたのはいいが、税収が落ち込んでしまったのだ。それは当初の想定を超えたものだった。調査の結果、ヤミ市場に出回る偽造・密輸たばこが英国消費量の2割を占めるまでになっていたことも判明した。

やむなく01年にたばこの税率を引き下げたところ、税収は増加に転じたが、密輸たばこの完全排除はできていない。英国国内では「偽造・密輸たばこの購入は、麻薬や売春組織に協力することになります」という警告ポスターをよく見かける。そしてその脇で非合法たばこが売られているのが現実だ。

世界銀行の調査によると、世界で販売される8%のたばこが偽造といわれている。偽造品はマフィアなどの犯罪組織が関与しており、世界中に偽造工場があると見られている。最近はパッケージが精巧にできており、すぐに偽造と見抜くことは難しい。このため各国政府はパッケージに表示する健康警告を国別に変えることで、大量生産される偽造品の流通を抑えようとしている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料法人プランのご案内