有料会員限定

田畑・山林の相続 放置なら将来に禍根も

✎ 1〜 ✎ 5 ✎ 6 ✎ 7 ✎ 最新
拡大
縮小

遠く離れた実家に残された田や山林──。どう相続すればよいか。

全国各地で見られる里山風景。今では所有者の特定が困難になり、荒廃が進んでいる

特集「実家の片づけ2」の他の記事を読む

「新潟にある実家の森林を相続したが、役所から『木が倒れて道路をふさいでいるので撤去してください』と電話がかかってきた」。東京で会社勤めする50代後半の男性はそうため息をつく。本当に自分の森林の木かどうかを確認するにも時間と交通費がかかる。結局は役所から言われるままに、知り合いに電話して「カネを送るから処分して」と頼むしかなかった。

かつて田んぼや山林は価値ある実家の財産だった。1990年代に日本生命保険の社長を務めた伊藤助成氏は、取材の際、「秋田杉を売って大学の学費にできたおかげで今日の自分がある」と語っていたものだ。

しかし、80年をピークに国産材の価格は輸入材に押されて下落の一途。農家と同様、林家の経営も厳しさを増し、「60代以下で森林経営に興味を持つ人はほとんどいない」と、全国森林組合連合会(全森連)組織部の佐々木太郎部長は危機感を募らせる。

農林水産省の調査では、農家253万戸に対して相続で農地を取得した土地持ち非農家はすでに137万戸に達する(2010年)。また民間の森林所有者は360万人だが、その保有森林面積1343万ヘクタールの約4分の1は、森林が所在する市町村以外に住む不在村者だ(05年、図表2)。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内