有料会員限定

"先駆者"オプジーボ、薬価半値に続く難関 注目のがん治療薬、小野薬品工業の前途多難

印刷
A
A

緊急措置で薬価は半値に。新しいがん治療薬の憂いはそれだけではない。

効用は高いが、1回の使用で133万円と高額薬剤の代名詞となった(上)。その薬価は中医協の議論(下)で50%引き下げが了承された(KPS)

新しいがん治療薬として注目を集める「オプジーボ」。その薬価(薬の公定価格)が来年2月、50%引き下げられることになった。11月16日、中央社会保険医療協議会(中医協)が厚生労働省の引き下げ案を承認した。現行ルール上、想定しうる最大の引き下げ幅となったことで、メーカーの小野薬品工業は大打撃を受ける。

人が本来持つ免疫力を引き出し、がんを攻撃するのがオプジーボだ。抗がん剤による化学療法より高い治療成績の報告が相次ぎ、免疫薬が注目されるきっかけを作った。

一方で、体重60キログラムの人で1回の点滴注射に133万円かかるように、高額薬剤の代名詞ともなった。一時はオプジーボだけで年間の薬剤費が1兆7500億円に及ぶとの試算が出るなど、医療財政への影響を懸念する声が急速に高まっていた。

薬価改定は2年に1度行われ、本来ならオプジーボは2018年に改定されるはずだった。しかし政府は今年4月、薬剤費抑制対策として「市場拡大再算定」の特例を設定。その内容は、売り上げが予想以上に伸びて年1000億円を超えた場合に最大25%、1500億円超なら最大50%薬価を引き下げられるというものだった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内