有料会員限定

健康年齢で安くなる、相次ぐ「新しい保険」 健康増進、認知症、不妊治療、テレマティクス

印刷
A
A

[ポイント1]
12月にネオファースト生命が健康増進型保険を発売する。健康診断の結果を基に算出した「健康年齢」に応じて3年目に保険料を見直す商品だ

[ポイント2]
認知症保険も太陽生命、朝日生命から今年商品化された。親の介護の経験から自身のリスクを感じるためか、50歳代の加入が最も多いという

[ポイント3]
不妊治療保険も今年解禁され、10月に日本生命がこれに対応した商品「ChouChou!」を発売した。今後他社も対応商品が増えてくるだろう

 

イラスト:浜畠かのう

特集「保険」の他の記事を読む

健康増進型保険

毎日1万歩以上歩き、週3回はフィットネスクラブに通う若島周作さん(仮名)は、自他共に認める「健康オタク」だ。51歳という年齢を感じさせない若々しい風貌に加え、玄米を中心とした主食。酒やたばこもいっさいやらない。

入院や手術をしたこともなく、10年前に加入した医療保険を使ったこともない。若島さんは疑問に思った。「このままずっと同じ保険料を払い続けないといけないのか?」。医療保険の保険料は年齢と性別によって決まる。商品が同じであれば、毎月支払う保険料は同じ。保険料は生涯変わらない(終身払いの場合)。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
保険
認知症専門医が明かす「高度障害」の請求漏れ
これだけは知っておきたい保険知識Q&A
▶▶Part3買ってからの賢い保険活用法
ペット保険、お天気保険、孤独死保険まで
金融庁も問題視する保険販売手数料の高さ
ニトリ、ドコモ、ゼクシィなど異業種続々参入
▶▶Part2どこで買う?激変する販売現場
新たな保険への加入が無理でも見直しはできる
値上げラッシュ、マイナス金利時代の保険選び
自動ブレーキで事故は劇的減少、保険も激変か
健康増進、認知症、不妊治療、テレマティクス
あなたが選ぶように保険会社も顧客を「選ぶ」
引受基準緩和型保険から通常保険へ乗り換えを
東洋経済オンライン・独自アンケート調査
まさかの「保険が下りない」リスクに備える
首位メディケア、掛け捨てタイプで高コスパ
非喫煙は首位メディケア、喫煙者は首位アクサ
首位チューリッヒ、隠れ高コスパは実額補償型
首位アクサダイレクト、保険料の安さが決め手
長期入院は首位メディケア、全体にコスパ低め
保険はムダ? 必要? 自分に合った検討法
▶▶Part1コスパで決める!最強保険選び
保険料と保障のバランスが選択の決め手!
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内