有料会員限定

不安いっぱい、50歳から増やすおカネ 老後のおカネは1億円でもまだ足りない!

印刷
A
A

50歳といえば、会社勤めのゴールまであと10年。だが、退職後に直面するのは、「おカネが足りない」という現実だ。資産運用は今から始めなければならない。

(本誌:島 大輔、渡辺拓未、二階堂遼馬、堀川美行)

イラスト:サトウヨーコ

特集「50歳から増やすおカネ」の他の記事を読む

不安いっぱい備えも不十分

50代は仕事と運用の両立目指せ!

東京証券取引所の「場立ち」から歓声が上がった。株価ボードが表示した日経平均株価は3万8915円。日本の株式市場が歴史上の最高値まで買われた瞬間である。1989年12月の大納会のことだ。

ソニーによるコロンビア・ピクチャーズの買収と三菱地所によるロックフェラーセンターの買収もこの年だった。イメージだけでいえば、89年はまさしくバブル経済の頂点である。日経平均は翌年の秋には半値水準まで暴落することになる。

好景気がいつまでも続くと信じられていた89年という年に、社会に足を踏み出したのが66年生まれの人たちだ。27年後の2016年、彼らは50歳を迎えた。

バブルが直後に崩壊したため、実は前の世代ほどその恩恵を受けたわけではない。60歳という会社勤めのゴールまで10年を残す今、脳裏をかすめるのは、どうもバラ色には見えない未来の姿だろう。

アベノミクスを牽引してきた金融政策の限界、日本企業の競争力低下や破綻しそうな社会保障……。目の前で起きていることはこのままずっと付きまとう。となるとリアルに迫ってくるのは、一線を退いた後、手持ちのおカネで生活していけるのかどうか、という不安である。

サラリーマンが退職後の心配事としてトップに挙げるのは「生活費が足りなくなること」(図表1)で、手持ち資金も潤沢ではない(2)。50代でも老後の資金計画を策定した人は少ないし(3)、積極的に資産形成を行っているサラリーマンは少数派だ(5)。漠然とした不安は持っているが、何をしたらよいのか? 今年50歳を迎えた人たちが抱えるジレンマもまったく同じだろう。

老後のおカネは1億円でも不十分

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
50歳から増やすおカネ
東京在住者の4割が将来の地方移住に前向き
日本人移住先の定番シンガポールから現地報告
離婚宣言された大半の夫「うちはありえない」
事前の準備が欠かせない、膨らむ支出の対応策
半身不随のファンドマネジャー並木秀之の独白
なぜ初心者も信用取引に誘導されてしまうのか
証券会社や銀行がこぞって勧める商品は要注意
50代からの中長期投資に向いた株式銘柄4
50代からの中長期投資に向いた株式銘柄3
50代からの中長期投資に向いた株式銘柄2
50代からの中長期投資に向いた株式銘柄①
「いい会社の株を、安く買い、長く持つ」だけ
50代の初心者に最適な投資方法はこれだ!
いまさら聞けない! 50歳からの投資術
定年したら自由を謳歌できるなんて大間違い
1億円超えを狙うサバイバル戦略【補講】
1億円超えを狙うサバイバル戦略【3時間目】
1億円超えを狙うサバイバル戦略【2時間目】
1億円超えを狙うサバイバル戦略【1時間目】
老後のおカネは1億円でもまだ足りない!
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内