有料会員限定

作家・内館牧子『終わった人』作者の定年論 定年したら自由を謳歌できるなんて大間違い

印刷
A
A

「定年って生前葬だな」。衝撃的な一文で始まる『終わった人』(講談社)が、売り上げ13万部のベストセラーになっている。本書に登場する男性主人公は、東京大学法学部卒業後に一流銀行に就職。身を粉にして40年間働くものの出世レースに敗れ63歳で定年を迎え、しばらく悶々とした日々を過ごす。

「散り際千金」「散る桜残る桜も散る桜」。本作は、同じ境遇にある中高年のサラリーマンにとって心に響く言葉が随処に登場する。なぜこのテーマを選んだのか。読者からはどんな反響があるのか。作者の内館牧子氏に聞いた。

うちだて・まきこ●1948年秋田県秋田市生まれ、東京育ち。武蔵野美術大学卒業後、会社員を経て88年脚本家としてデビュー。東北大学相撲部総監督としても知られる。(撮影:梅谷秀司)

特集「50歳から増やすおカネ」の他の記事を読む

 自由を謳歌できるなんて大間違いです

──強烈なタイトルです。

「まるで自分のことかと思った」というサラリーマンや「夫の気持ちがわかった」という女性まで、読者から幅広く感想が寄せられています。男性の中には「終わった」ことを知られたくないのか、書店で買うときに伏せてからレジに出す人もいるようです。定年を迎えた人やこれから迎える人にとって「終わった」後、つまり定年した後の生活をいかに過ごすかということは、たいへん大きなテーマになっているということを実感します。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
50歳から増やすおカネ
東京在住者の4割が将来の地方移住に前向き
日本人移住先の定番シンガポールから現地報告
離婚宣言された大半の夫「うちはありえない」
事前の準備が欠かせない、膨らむ支出の対応策
半身不随のファンドマネジャー並木秀之の独白
なぜ初心者も信用取引に誘導されてしまうのか
証券会社や銀行がこぞって勧める商品は要注意
50代からの中長期投資に向いた株式銘柄4
50代からの中長期投資に向いた株式銘柄3
50代からの中長期投資に向いた株式銘柄2
50代からの中長期投資に向いた株式銘柄①
「いい会社の株を、安く買い、長く持つ」だけ
50代の初心者に最適な投資方法はこれだ!
いまさら聞けない! 50歳からの投資術
定年したら自由を謳歌できるなんて大間違い
1億円超えを狙うサバイバル戦略【補講】
1億円超えを狙うサバイバル戦略【3時間目】
1億円超えを狙うサバイバル戦略【2時間目】
1億円超えを狙うサバイバル戦略【1時間目】
老後のおカネは1億円でもまだ足りない!
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内