有料会員限定

スシローがいまどき都心部へ初進出する理由 回転ずし最大手の池袋大実験は再上場の布石か

印刷
A
A

回転ずし最大手、あきんどスシロー。東京・池袋で他店にない仕掛けを試みた。

9月15日に開店した「南池袋店」。初の都心型店舗が、今後の成長の行方を占う

再上場へ弾みをつけることができるのか──。

回転ずし最大手「あきんどスシロー」は9月15日、山手線内で初めての都心型店舗、南池袋店を開店した。

スシローを運営するスシローグローバルホールディングスの水留浩一社長はこの店舗を「戦略的実験店舗」と位置づける。同社は国内409店舗のうち約9割を郊外で展開しており、出店余地のある都市部をどのように開拓していくかが課題となっていた。

今後3年間で100出店を目指す中、南池袋店の成否が経営戦略を左右する、と言っても過言ではない。

都心型店の3つの武器

開店初日に南池袋店を訪れると、「たいへんお待たせしております」と、スタッフの接客アナウンスが終始鳴り響いていた。昼食時だけでなく、通常は閑散とする15時を過ぎても、10分待ちの混雑状態だった。その後も客足は途絶えず、「開店から1週間の状況は想定よりも若干いい。すしだけでなく、夜はアルコール飲料の販売も好調」(水留社長)と、出足は順調だ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内