有料会員限定

二階幹事長人事に透ける総裁任期延長の企図 安倍首相は「明治150年」まで在任できるか

印刷
A
A
参院選公示日の6月22日に福島入りしたときの安倍首相。会津戦争前哨戦での戦没者に献花も行った(時事)

今年3月5日号の拙稿で、長期政権を目指す安倍晋三首相の視線の先には、元号が明治となった1868年を起点とする2018年10月の「明治150年」という節目があると指摘した。そして、政府主催の式典を執り行うことが予想されると書いた。

安倍首相は、ルーツである長州が主導した明治維新に強い誇りを持つ。それだけに式典は「光」だけに焦点を合わせた礼賛一辺倒となりうると懸念も示した。

この8月に行われた政権人事を見れば、明治150年を視野に入れた長期政権を目指していることがはっきりわかる。自民党幹事長に、かねて「自民党総裁任期延長」を唱えていた二階俊博・前総務会長を据えたからだ。

この人事からは、18年10月の明治150年を迎えるうえでネックとなる「18年9月末」という総裁任期を延長しようという意図が透けて見える。仮に1年でも総裁任期を延長できれば明治150年を首相として迎えることが可能になる。つまり安倍首相は、明治150年の政府式典を主催する権利をほぼ手中にしていると言っても過言ではない状態にあるのだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内