有料会員限定

任天堂への期待と不安 『ポケモンGO』バブル

印刷
A
A

急上昇・急降下した任天堂の株価。宴が終わった後、懸念はないか。

錦糸公園に集まったポケモンGOのトレーナー。黙々とモンスターを探し回る姿は異様だ(撮影:今井康一)

7月25日(月)19時。平日夜にもかかわらず、東京・墨田区の錦糸公園は一種、異様な光景だった(上写真)。会社帰りのビジネスパーソンなど、少なくとも数百人が続々集結。ほとんどが手にスマートフォン(スマホ)を持ち、無言で黙々と徘徊(はいかい)している。いずれもやっているのは『ポケモンGO』だ。

錦糸公園や大阪城公園、鶴舞公園(名古屋市)には、モンスター捕獲のためのアイテムを得られる「ポケストップ」が集中。特に錦糸公園には、「フシギダネ」などレアなキャラクターを“ゲット”できるとツイッターで話題になり、多数のポケモントレーナーが吸い寄せられた。

同月22日(金)の10時30分に日本でも配信されたポケモンGO。今では約40の国・地域で配信されており、日本や米国、英国などのアプリ売り上げランキングで、あっという間にトップに立った。

ポケモンGOとは、米グーグルから独立した米ナイアンティックと、任天堂の関連会社ポケモンが共同開発した、スマホ用ゲームである。その特徴は、GPS(全地球測位システム)とAR(拡張現実)を活用することで、あたかも実際の街にモンスターが現れ、それを捕まえるような体験を味わえるわけだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内