有料会員限定

日本上陸で高まる興奮 ポケモンGOに大騒ぎ!

印刷
A
A

突然の熱狂に“ポケモノミクス”と呼ばれるほど株式市場も沸いた。

米国では一斉にプレーに興じる人々の姿が見られた。左は日本向けのポケストップの画面(AFP=時事)

世界中でスマートフォン(スマホ)用ゲーム『ポケモンGO』が大旋風を起こしている。

米国など3カ国で7月6日、ポケモンGOのアプリが配信されて以降、爆発的にヒット中だ。調査会社センサータワーによれば、配信後4日間で750万ダウンロードを突破。目下配信されているのは30カ国以上で、別の調査会社アップアニーによると、すべての国でダウンロード数がトップを維持している。

7月21日現在、日本ではサービスが開始されていない。これも、あまりの過熱ぶりを受けたサーバーの準備のためとも、マーケティング上から子どもの夏休みに合わせたため、ともいわれる。

[図表1]
拡大する

海外で先行した動きに株式市場は敏感だ。『ポケットモンスター』(ポケモン)のキャラクターを抱える、任天堂の株価はグングンと上がり、春先の1万4000円台から一時3万2000円台と、6年3カ月ぶりの高値をつけた(図表1)。関連銘柄も高騰し(図表2)、市場は“ポケモノミクス”とはやし立てる。その後に反落したものの、しばらく目が離せない。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内