有料会員限定

フェイスブック 追われるSNSの巨人

印刷
A
A

月間利用者16.5億人。巨大な存在へと成長したが、スナップチャットという“超新星”が背後をうかがう。

米カリフォルニア州メンロパーク。シリコンバレーでも指折りの高級住宅街として知られるこの街の中心部から、北へ15分ほど車を走らせたところに世界最大のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)会社、フェイスブックの本社群が立ち並ぶ。

「ビルディング20」。昨年3月、この一角に世界最大規模の巨大なオフィスが新設された。22エーカー(約2.7万坪)の敷地に、低層の建物がひたすら横に連なる、まるで大型ショッピングモールのようなオフィスの延べ床面積は43万平方フィート(約1.2万坪)。現地のタクシー運転手ですら入り口を間違えるほどだ。

パリのルイ・ヴィトン財団美術館などの建築を手掛けたフランク・ゲーリー氏がデザインを手掛けたことでも知られているこのビルディング20は、世界に1.36万人(3月末時点)いるフェイスブック社員の2割を収容できる。マーク・ザッカーバーグ創業者兼CEO(最高経営責任者)自身もここに執務室を構え、世界戦略の指揮を執る。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内