有料会員限定

iPhone減産が直撃 部品メーカーに再び試練 日本企業は新分野開拓を迫られる

印刷
A
A
雨に見舞われた2015年9月のiPhone6s発売日。今年の新機種は売れるか、注目される

「懸念が現実になってしまった」。2015年末、大手電子部品メーカー幹部は米アップルから送られてきたアイフォーンの出荷計画に目を通し、ため息をついた。

15年9月に発売され、計画どおりの生産水準だった「アイフォーン6s」。だが、アップルは今年1~3月の出荷台数見通しを、当初計画から3割ほど引き下げた。

原因は販売の伸び悩みだ。10~12月の販売台数(図1)を見ると、大幅増となった14年の7446万台に対し、15年は7477万台と横ばいにとどまった。

[図1]
拡大する

“アップルショック”の影響は即座に関連企業の下方修正という形で現れた。

1月から2月にかけて、主要な電子部品企業では業績予想の下方修正が続出している(表1)。アルプス電気、ミネベア、日本航空電子工業の決算資料には、「主要スマホ顧客の生産調整の影響を受けた」という文言が並ぶ。向こう3カ月の計画しか出さないジャパンディスプレイも、16年1~3月期に営業赤字となる見通しを発表した。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内