有料会員限定

ISへの対処を含め世界大戦の導火線に サウジとイランの国交断絶を考える

印刷
A
A
イランの首都テヘランのサウジアラビア大使館がデモ隊に襲われた。この対立は世界大戦へつながる危険性をはらんでいる。(EPA=時事)

新年早々、国際情勢の枠組みを変化させかねない大事件が起きた。サウジアラビアによるイランとの国交断絶だ。1月3日(日本時間4日)、サウジアラビアの首都リヤドで同国のジュベイル外相が記者会見で「イランとの外交関係を断絶する」と発表した。外交関係断絶の直接の理由は、3日、イランの首都テヘランでデモ隊がサウジアラビア大使館を襲撃し、放火したことだ。

このデモが起きた原因は、2日にサウジアラビアが、政府への抗議デモを主導したなどとして、シーア派の指導者のニムル(ナムル)師の死刑を執行したことだ。イランはこの処刑に激しく反発している。3日、イラン国営「イランラジオ」は、イランの最高指導者ハメネイ(ハーメネイー)師が、サウジアラビアを激しく非難したと報じた。

〈イランイスラム革命最高指導者が、信仰心ある、抑圧された有力なシーア派指導者ナムル師を処刑し、殉教に追い込んだ、サウジアラビアの大きな犯罪を強く非難しました。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内