有料会員限定

首相夫人 安倍昭恵 型破り「昭恵流」は応援団か家庭内野党か

印刷
A
A

50歳から私の人生が羽ばたくのよ──。踏み出した途端、夫が首相に返り咲く。それでも自分流は貫きたい。批判はあるけれど、本人は意気軒高だ。

自分の関心のある所には出向き、話を聞く。首相公邸(旧首相官邸)に人を呼ぶことも多い。公邸内で撮影(撮影:尾形文繁)

第1次安倍晋三内閣で首相秘書官を務めた井上義行(参議院議員。日本を元気にする会)は安倍首相の昭恵夫人を、一言で「すごく度胸が据わっている人」と評した。

週刊誌『女性セブン』9月10日号(8月27日発売)がその行状を「夫は逆風の中 安倍昭恵(あべ・あきえ)さん(53)布袋寅泰(53)と深夜2時! 酔って、唇、しなだれて ファーストレディーの危うい夜に周囲は思わず目を背け」と題して記事にした。布袋は歌手・女優の今井美樹の夫で、著名なロックミュージシャンだ。

昭恵は安倍首相の自民党総裁復帰の直前、2012年8月に東京の内神田で居酒屋「UZU(うず)」を開業して女将(おかみ)となり、奔放、大胆な生き方が話題を呼んだが、今度は「度胸のよさ」を通り越して無軌道・無防備の危うい女性、と見た人が多かった。

だが、もちろん「政治家の妻」としての務めは果たしてきた。地元秘書で夫人担当も兼ねる鮎川建司は、「14年12月の総選挙も、選挙区入りできない夫に代わって選挙期間中ほぼ毎日、選挙カーで山口4区全域を駆け回った」と話している。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内