有料会員限定

注目のシムズ理論、安倍政権に悪魔の誘惑 浜田宏一氏も「量的緩和」から乗り換え

✎ 1〜 ✎ 105 ✎ 106 ✎ 107 ✎ 最新
拡大
縮小

米プリンストン大学のクリストファー・シムズ教授による「物価水準の財政理論」(FTPL)が注目を集めている。安倍晋三首相のブレーンである浜田宏一内閣官房参与が持論の量的緩和の金融政策によるデフレ脱却論を修正、FTPLを賞賛したためだ。

FTPLは簡単にいえば、政府が「将来にわたり増税しない」と宣言し、人々がそれを信じれば、国債を売って消費を増やすためインフレになるというもの。インフレによって政府債務の実質負担も減るため、脱デフレと財政再建を目指す安倍政権にとっては一石二鳥というわけだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内