有料会員限定

米国一辺倒で選択肢が少ない日本外交 国際ルール無視でも取り入るしかない?

印刷
A
A

トランプ米政権が次々と新方針を打ち出し、世界が振り回されている。イラン、シリアなど7カ国からの入国を制限、メキシコへの国境税も設けるという。今後は、中国への厳しい姿勢がどのような形で示されてくるかが焦点となる。

そうした中で、日本は安倍晋三首相が訪米してトランプ氏との初めての首脳会談に臨む。「首脳同士の個人的な信頼関係を築き、日米同盟を強化する」というのがうたい文句だ。

だがドイツのメルケル首相はトランプ政権の移民政策などを非難、一定の距離を置いている。イランや中国も警戒感を抱いている。国際社会が大切にしてきた法の支配や自由貿易の原則に反するようなトランプ政権の政策には、理路整然と対峙するのがスジだろう。安倍首相が米国一辺倒の外交を続ければ、日米同盟は維持されても国際社会からの信頼は得られない。

トランプ氏は「米国第一主義」を掲げて、外国に工場を移転する企業を批判。トヨタもやり玉に挙がった。国内の雇用を最優先する姿勢を見せて支持率上昇につなげようという作戦だ。人の移動についても、メキシコ国境に壁をつくって不法移民の流入を防ぐという。イスラム系7カ国からの入国制限は国際社会から批判を浴びた。米国内でも訴訟が相次いだ。連邦地裁レベルでは「憲法違反」という判断が示され、控訴裁判所も地裁の判断を支持。入国規制が解除される事態となった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内