有料会員限定

最速は1時間 米国でも配送バトル勃発! グーグル・エクスプレスvs.アマゾン・フレッシュ

印刷
A
A

米国では今、“超速”宅配サービス戦争が起こっている。数年前までは、日本の宅配便のような翌日配達すらなかったが、アマゾンがそれを実現。広大な国土を抱える米国ゆえ、これが限界だと誰もが思っていた。ところが昨年ごろから、宅配はクリックの速度にも挑戦する戦場と化しているのだ。

そのメインプレーヤーは、何といってもアマゾンとグーグルである。ことシリコンバレーでは、路上を走る両社の配送車を目にするのはもう当たり前になった。

最初に即日配達を始めたのはグーグルだった。2013年春のことだ。グーグルは、以前にもショッピングサイトを始めたことがあった。しかし、品数はまばらで話題も集めず、いつの間にかなくなってしまった。ところが今回は、即日配達というアピールでオンラインショッピングに戻って来たのだ。同年6月、すぐにアマゾンが追随。しかも、生鮮食品を持ち出しての対抗戦に出た。

オンラインショッピングに戻ってきたグーグル

特集「物流大激突」の他の記事を読む

グーグル・エクスプレス
アマゾン・フレッシュよりも年会費は安め

実はアマゾンは、すでに07年から地元のシアトル限定で生鮮食品の翌日配送をテスト運用しており、消費者の“玄関先スーパー”となることを虎視眈々と狙っていた。シアトルでのテスト運用は一時中断したこともあったが、今や即日配達を全米の都市部へ着実に広げている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内