有料会員限定

郵政だけではない! 注目IPO企業 今年は90社が新規上場

印刷
A
A

昨年末に東京証券取引所1部に新規上場したオンラインゲーム開発会社gumi(グミ)が上場後わずか2カ月半で業績予想を大幅に下方修正するなど、最近の株式新規公開(IPO)をめぐっては企業のコンプライアンス面の緩みが指摘されている。ただ、好調な市況を背景に今年もIPOは増える見込みだ。

新興市場に詳しい岡村友哉・日経CNBCコメンテーターは、「『グミショック』をきっかけに、今後の上場審査は厳格化される」と指摘する。その結果、新規上場数は年初の予想より減りそうだ。それでも「去年の77社を超える80~90社程度は見込まれる」(投資情報サイト「東京IPO」の西堀敬編集長)という。

[図表1] 上場観測が流れる注目企業
拡大する

特集「買っていい株 ダメな株」の他の記事を読む

一番の注目は、秋に予定されている日本郵政と傘下のゆうちょ銀行、かんぽ生命保険の郵政3社。市場からの調達額は3社合計で1兆~2兆円と、1998年のNTTドコモ以来の大型上場になりそうだ。

ほかにも上場観測が流れる注目銘柄は目白押しだ。たとえば、昨年上場が取りざたされたものの延期となった無料チャットアプリ運営のLINE。年内に上場するのでは、との観測がある。また、2014年度に年間最高入場者数を更新したユニバーサル・スタジオ・ジャパンを運営するユー・エス・ジェイも、上場タイミングとしては申し分ない。テレビ通販番組の「ショップチャンネル」が好調で、設立から18期連続増収のジュピターショップチャンネルも注目されている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内